ソプラノ高橋絵里のページ/コンサート&活動情報

ソプラノ声楽家-高橋絵里
古楽を専門にするソプラノ声楽家-高橋絵里/コンサート&活動情報

えりはうたう別館・コンサート情報ブログを開く

今日の発見
えりはうたう別館・今日の発見を別ウィンドウで開きます。

えりはうたう別館・今日の発見ブログを開く




プロフィール

高橋 絵里 (Takahashi Eri)

 仙台市生まれ。
 宮城学院女子大学音楽科声楽専攻卒業。

 オランダのアムステルダム音楽院に留学、古楽科においてルネサンス、バロック期を中心とした声楽を学び、ポストグラデュエイトディプロマを取得し卒業。声楽を布田庸子、遠藤恭子、鈴木優子、マックス・ファン・エグモント、ペーター・コーイ、ハワード・クルーク各氏に師事。

 ユトレヒト、バルセロナの国際古楽フェスティバルに出演する他、オランダ、ベルギー、スペイン、韓国において主にバロック期のソロカンタータを演奏。ギルトン・カレッジ合唱団(イギリス)と共演しバッハの受難曲のソリストを務める。オランダ・バッハ協会、バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして国内外のコンサートツアーとレコーディングに参加。第14回仙台市芸術祭にて「歌とフォルテピアノのコンサート「ハイドン・モーツァルトの優しき歌」を主催。仙台クラシックフェスティバル、定禅寺スプリングコンサートなどに出演。

 仙台を拠点に、古楽器を用いたバロック音楽のコンサートシリーズを展開している。
 尚絅学院大学聖歌隊、アンサンブル・オルフェ、尚絅音楽教室少年少女合唱団の指導者。女声合唱団マリアベルハーモニー、女声合唱団パパラチア、混声合唱団若草のボイストレーナー。
 平成25年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。 





Eri Takahhashi 2009 All Rights Reserved. 当サイトの画像等を無断転用を固くお断りいたします。